物件情報トップ画像
物件情報トップ画像

フルリノベーション物件

物件情報トップ画像

まるふくでは、リノベーション物件を多数取り扱っております。
また、ご希望のリノベーション物件がございましたら、条件に合った古い家を探してリノベーションすることも可能です。
詳しくはお問い合わせください。

リノベーションとは

新築と違い、リノベーションは定価というものがありません。なぜならこの世に一つとして同じものがないからです。また、工事に着工していざ床を外してみたら白アリが・・・など、見積もり外の費用が発生することもあります。

費用を抑えたいときは躯体や水廻りだけプロに任せて壁紙や漆喰を自分たちでやってみる等お客様の費用に合わせたいろいろなスタイルのリノベーションのお手伝いをさせていただきます。

改装や増築のことをリフォーム、リノベーション、リモデル等いろんな呼び方をします。

まるふくリノベーションスタジオでは古くなった設備を更新したり、古くなった内装をきれいにする等マイナスの状態のものを元に戻すことはリフォーム、小さな和室2間をLDKに変えたり、お風呂やキッチンの位置を住みやすく設計するなど、プラスアルファで価値を向上させることをリノベーションと定義しています。

 

リノベーションとは

 「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行い、住まいの性能を向上させたり、価値を高めたりすることをいいます。新たな機能や価値をプラスすること、住まいの空間をよりデザイン性の高いものに改良すること、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。

リノベーションではライフスタイルや生活環境に合わせて古いものを自由自在にアレンジできるという魅力から、近年では独創性をもったオシャレな若者を中心に非常に人気が高まっています。

リノベーションの特徴

 リノベーションの特徴は、古いものに「新たな価値」や「機能」を加えることです。新築住宅には新しいという他にはない価値がありますが、古いものの価値を残しながら新しい価値を加えることで新築住宅ではなかなか味わえない価値を生み出せるのがリノベーションの良さです。

田舎にある古民家などでは、年月と共に良い風合いで存在感を示している柱があったり、土間があったりします。新築の注文住宅で敢えて古い感じを演出する人は少ないと思いますが、古民家をリノベーションする人からは古いものを活かそうという意見がよく聞かれます。

日本の古き良き文化を残しつつ、機能的に現代の便利さを組み合わせるというのがリノベーションの醍醐味です。

リノベーション物件の探し方

このような特徴から考えると、リノベーションする物件を探すポイントは古き良きものにこだわることです。

リノベーションと一言で言っても、ベースとなる物件は様々です。多くの方の古民家のイメージは日本家屋だと思いますが、昭和時代のレトロな洋館をリノベーションする方もいます。地域によっては洋館が多く残っているところもあり、リノベーション物件を探す上で、その地域の文化や歴史によって物件の特徴を知るのは大きなポイントです。

田舎に移住する、違う地域で物件を探す場合は、その地域の文化をご自身で調べたり、その地域の不動産屋に文化からくる物件の特徴などを聞くのがおすすめです。

リノベーションを実施することで室内や設備の状態などが改善されていると、物件の資産価値が高まったりするケースもあります。ライフプランを考えたときに資産価値が落ちにくい物件を所有することで相続しやすく、また、手放すときも売りやすくなることも一つのポイントです。

 「リノベーションに興味があるけど、どのくらい費用がかかるのかわからない」という方のためにこの記事では「リノベーションにかかる費用」について説明したいと思います。

リノベーション

リノベーションとリフォームの違い

 まず、リノベーションの費用について説明する前に、そもそもリノベーションとは何なのか、リフォームとはどう違うのかについて説明したいと思います。

 古くなってしまったものを、新しく別のものに生まれ変わらせることで、今までとは違った使いかた、価値を見出していこうとしていくのが「リノベーション」です。

例えば、

  • 間取りを変える
  • 部屋の雰囲気を変える
  • 導線を変える

などです。
古い古民家でキッチンとダイニング、居間が分かれていたものをつなげて広いLDKに作り替えることで、料理をしながら家族と一緒に居られる場所と時間という価値を作れる。

今まで和室だった部屋をフローリングしにて、壁紙も洋風にすることで新しい家に住んでいるような空間という価値を作れる。

襖で仕切られてていた空間に壁とドアをつけることで生活の導線を変えて住みやすさという新しい価値を生み出す。

これらがリノベーションの特徴です。

 対して「リフォーム」は、古くなったものを修繕することで、また同じように使い続けていくことを指します。

例えば、

  • キッチンをシステムキッチンに変える
  • 洗面所を入れ替える

などです。

中古の物件を新しくすることに変わりはありませんが、リノベーションのほうが、より新鮮な気持ちで今の家に住み続けることができます。

リノベーションの費用

 リノベーションとリフォームの違いについてわかっていただけたところで、続いては、リノベーション費用の相場について紹介していきたいと思います。

リノベーションの費用はだいたい1㎡あたり10~15万円程度とされていますが、住宅の状況によって値段はかなり違ってきます。

まず戸建てなのか、マンションなのかによって違いがあり、どちらかというとマンションのほうが安くなる傾向があるようです。

また築年数によっても大きく変わっていき、築年数が経っているほど費用は高くなる傾向にあります。

他にも、リノベーションしたい場所や、内容、リノベーションに使う素材なども値段の違いに影響します。

リノベーション費用を抑える方法

 そんな中で、いかに予算内で理想のリノベーションを実現させるか、その方法をいくつか紹介させていただきたいと思います。

1)元々あるものを活用する

まず、リノベーション費用を抑えるためにできることは、元々あるものを活用することです。

リノベーションをしていくなかでも、すべてを新しくしてしまうのではなく、まだ使えるものは上手く活かして残していくことで、リノベーションにかかる費用を少しでも抑えていくことが可能です。

2)リノベーション会社とのコミュニケーション

 そしてリノベーション費用を抑えるうえで一番大切なことが、リノベーション会社に自分の希望をしっかり伝えることです。

自分の予算や希望の条件などを細かく伝えておくことで、打ち合わせもスムーズになり、会社側もプランを提案しやすくなります。

そうすることで、費用を抑えながらも、限りなく自分の理想に近いリノベーションを実現していくことができると思います。

ここまで「リノベーション」について書いてきましたが、この記事で少しでもリノベーションと、その費用についてわかっていただけたら幸いです。

✳︎リノベーション物件をお探しの場合はこちら

 前回はリノベーションにかかる費用について書かせていただきましたが、今回はリノベーションの大まかな方法について説明したいと思います。

リノベーション間取り図

リノベーションの物件探し

 まず、リノベーションを行う上で最初にすることは、「物件探し」です。

探し方としては、スマホやパソコンで住宅情報サイトを検索し、そのサイトから物件を探すというのがよく利用されている方法です。

検索サイトにも特徴があり、とにかく物件数が多いサイトもあれば、地域を絞った物件サイトやおしゃれな物件だけに厳選したサイトなどもあります。ポータルサイトは物件数は多いですが、こだわり物件などを探す場合は、探しているジャンルに特化したサイトを利用するのが良いでしょう。

物件探しの注意点(マンションの構造)

1)構造について

 物件探しの際に中古マンションを探す場合は、マンションの構造に注意しましょう。マンションには「壁式構造」と「ラーメン構造」という2種類の構造があります。

壁式構造は、壁全体を使って建物を支える構造になっているので、壁を取り外すことができません。対してラーメン構造は、柱と梁(はり)で建物を支える構造になっています。そのため、ほとんどの壁を取り外すことできるので、リノベーションの自由度も高くなります。

ただし、そのマンションがどちらで建てられたかは住宅情報サイトには載っていないことが多く、サイトを見ただけでは判断できません。ですが、壁式構造は5階までのマンションで採用されることが多いので、6階以上の場合はラーメン構造であると判断していいと思います。

2)リノベーション会社について

 希望の物件が見つかったら、次は「リノベーション会社探し」です。

リノベーション会社もネットで検索すると出てくるのですが、たくさんあってどこに頼めば良いのか迷ってしまうかもしれません。もし迷ってしまった時は、リノベーション会社を探せるサイトを利用すると良いでしょう。

最近ではリノベーションを専門にしている建築会社も増えてきているので、そういった会社の方が実績から様々な提案をしてもらえるでしょう。

リノベーション専門サイトは、希望のエリア、物件の種類(戸建てorマンション)など、条件を指定して探せるので、自分の希望の条件にあったリノベーション会社を見つけることができるので非常に便利です。

また、リノベーション会社には、物件探しから施工までの窓口を、全て1社に依頼できる「ワンストップリノベーション」に対応している会社もあります。ワンストップリノベーションだと、窓口が1つで済むのでスムーズに取引きが進められます。

✳︎ワンストップリノベーションのご相談はこちら

3)リノベーションのローンについて

 リノベーションを依頼する会社も見つかったら、次は「ローンを組む」ことになります。

ローンを組む前に事前審査があるのですが、その際にリノベーション後の設計図と、リノベーションの見積書が必要となります。そのため、事前にリノベーション会社と話し合ってリノベーションのプランを立てておかなければいけません。

また、ローンには住宅の購入資金となる「住宅ローン」と、リノベーション費用の資金となる「リフォームローン」の2種類のローンがあるのですが、最近は住宅ローンにリフォームローンを含んだ形の、新たな住宅ローンも出てきています。

ローンについては、不動産屋やリノベーション会社に相談してみましょう。

そして、ローンの事前審査も通り契約が完了したら、施工に取り掛かります。さらに、施工が完了したらいよいよ引っ越すことになります。と、ここまでがリノベーションの大まかな流れになります。

リノベーションを行うなかで、色々とわからないことや難しいこともあると思いますが、どれもが希望のリノベーションを実現するうえで大切なことなので、しっかり考えて自分の理想の家を作り上げていってほしいです。

 

リノベーション物件

リノベーション物件の探し方としては主に3つの方法があります。

1)ネットで探す方法

2)不動産会社に依頼する方法

3)リノベーション会社に依頼して探す方法

この記事では各方法の探し方と、メリットについて説明したいと思います。

ネットで探す方法

 まず、1つ目の「ネットで探す方法」は、文字通りネットの物件情報サイトを使って検索し、その中からベストな物件を見つける方法です。この方法のメリットは、「いつでもどこでも誰でも手軽に探せる」という点です。 

探しているエリア、値段、間取りなどの項目を指定すれば、すぐに条件に合う物件が出てくるので希望の物件に迷っている方には物件探しの方向性を決める上でも役に立ちます。

ネット上には、様々な不動産の物件情報が掲載されているので、豊富な選択肢の中から自分の希望の物件を見つけることができます。不動産検索のポータルサイトも大規模サイトだけでも数サイトあるので、複数サイトを見て回ることをお勧めします。ネットの物件情報は不動産会社が契約しているポータルサイトに物件情報を登録しているので、一部のサイトにしか載っていない物件もあります。様々なサイトを閲覧することで希望の物件が見つかりやすくなります。

不動産会社に依頼する方法

 続いて、2つ目の「不動産会社に依頼する方法」は、直接、不動産会社を訪ねて、不動産の専門家に物件探しを依頼する方法です。

この方法のメリットは、「ネットには載っていない物件を紹介してもらえる」ことです。不動産会社には、まだネットには掲載していない最新の物件情報や家主の希望により非公開になっている物件もあります。ネットに掲載される前の物件を紹介してもらえることで希望の物件が見つかる可能性も上がります。また非公開物件は、「近隣住民に物件を売りに出しているのを知られたくない」などの事情が多く、不動産会社に依頼することで意外な場所の物件が見つかることも少なくありません。

これらの物件を紹介してもらえることが、不動産会社に依頼することのメリットです。また、気になることがあればすぐに質問できるのも、不動産会社の良いところです。

リノベーション会社に依頼して探す方法

 そして3つ目の「リノベーション会社に依頼して探す方法」は、物件探しから相談できる「ワンストップリノベーション」を行っているリノベーション会社に依頼する方法です。

リノベーション会社に依頼するメリットは、「リノベーションに適した物件を紹介してもらえる」ことです。リノベーションを専門にしている会社なので、自分の希望を伝えれば、その希望に適したリノベーションができる物件を紹介してもらえます。また、物件探しからリノベーションまでを行ってくれるので、それぞれの費用を計算し、予算の範囲内で実現できるようなプランを提案してもらえます。

以上3点が、物件を探すときの主な方法になります。それぞれにメリット、得意なことがあるので、様々な方法で探してみると良いと思います。

この記事ではリノベーション用の物件を選ぶ時の、注目すべきポイントを紹介したいと思います。

リノベーション用戸建て物件選びのポイント

まずは、中古の戸建てを選ぶ際に見るべきポイントを紹介します。

戸建てを選ぶうえで大切なポイントは、「建物の構造」です。

戸建ての構造には大きく分けて、「木造」、「鉄骨造(S造)」、「鉄筋コンクリート造(RC造)」の3種類の構造があります。





まずは、中古の戸建てを選ぶ際に見るべきポイントを紹介します。

戸建てを選ぶうえで大切なポイントは、「建物の構造」です。

戸建ての構造には大きく分けて、「木造」、「鉄骨造(S造)」、「鉄筋コンクリート造(RC造)」の3種類の構造があります。

木造

1つ目の木造は、「木造軸組工法」と「2×4工法」の2種類に分類することができます。

木造軸組工法は柱や梁を軸に支えているので、壁を動かしたりなど間取りの変更がしやすいため、リノベーションに向いている物件とされています。対して、2×4工法は壁で建物を支えているため、どうしても動かせない壁などがでてきてしまうので、木造軸組工法に比べると自由度は低くなってしまいます。

鉄骨造

続いて2つ目の鉄骨造も「軽量鉄骨」と「重量鉄骨」の2種類に分けることができます。鉄骨造はどちらもリノベーションの自由度は高いのですが、軽量鉄骨の物件は、ブレースと呼ばれる建物を補強するための鉄骨が取り外せないことがあるので、その場合は間取りの変更が制限されてしまいます。

鉄筋コンクリート造

最後の鉄筋コンクリート造ですが、こちらも同じように「ラーメン構造」と「壁式構造」の2種類に分けられます。この2種類も木造のときと同じで、ラーメン構造は柱や梁で支えているので自由度が高いですが、壁式構造は壁で支えているため自由度が低くなってしまいます。

このように、構造によってリノベーションの自由度が変わってくるので、一戸建てでリノベーションを考えているときは建物の構造に注意して物件を選んで欲しいです。

続いては、中古マンションを選ぶ時のポイントを紹介したいと思います。

リノベーション用中古マンションを選ぶポイント

中古マンションを選ぶ際に見るべきポイントは「管理規約」です。マンションにはそれぞれ、住民が快適に過ごせるための管理規約が設けられています。その規約によっては水回りの位置の移動が制限されてしまったり、防音目的のため、カーペットからフローリングへの変更ができなかったりする場合があります。そのことを後から知って後悔しないためにも、事前に管理規約を見ておくことをお勧めします。

また、マンションにも構造の種類があり、主に鉄筋コンクリート造のラーメン構造と、壁式構造に分けられます。マンションの場合も戸建てと同じように、ラーメン構造の方が自由度が高く、リノベーションをするのに向いています。

今回は戸建てとマンション、それぞれの物件を選ぶ時の主なポイントを紹介してきましたが、他にも築年数や周辺環境、耐震性など、どちらを購入するにしても見ておくべきポイントはたくさんあるので、1つ1つの項目をしっかりチェックして購入を検討して欲しいです。

 「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行い、住まいの性能を向上させたり、価値を高めたりすることをいいます。新たな機能や価値をプラスすること、住まいの空間をよりデザイン性の高いものに改良すること、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。

リノベーションではライフスタイルや生活環境に合わせて古いものを自由自在にアレンジできるという魅力から、近年では独創性をもったオシャレな若者を中心に非常に人気が高まっています。